そういうのがいいブログ

SIerで働く30代サラリーマンSEがインフラエンジニアに憧れてLinux・クラウド・AWSの勉強をするブログ

Windows Server 2019でNTPサーバーを複数指定する手順

Windows Server でNTPサーバを複数設定する方法を知りたい。
・具体的な手順を教えてほしい。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. Windows Server 2019でNTPサーバーを複数指定する手順

サトナカ (@souiunogaii)

この記事を書いている私は、某SIerに勤務しながら、
WEB系エンジニア・インフラエンジニアに憧れて、プログラミングおよびインフラ技術の勉強をしています。

こういった私が、解説していきます。

私が実機で試したコマンドや画像を載せて書いています。
記事の信頼性担保に繋がると思います。

Windows Server 2019でNTPサーバーを複数指定する手順

手順①:「Windows Time」サービスを開始する

手順②:NTPサーバーを設定する(複数)

下記コマンドを実行します。

w32tm /config /syncfromflags:manual /manualpeerlist:"ntp1.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp2.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp3.jst.mfeed.ad.jp,0x8" /update /reliable:yes
C:\Users\Administrator>w32tm /config /syncfromflags:manual /manualpeerlist:"ntp1.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp2.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp3.jst.mfeed.ad.jp,0x8" /update /reliable:yes
コマンドは正しく完了しました。

w32 コマンドの解説

オプション 説明
/config - Windows Timeサービスの設定を変更する
/manualpeerlist "ntp1.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp2.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp3.jst.mfeed.ad.jp,0x8" ・参照先NTPサーバのリスト

今回はインターネットマルチフィード(MFEED) 時刻情報提供サービス for PublicのNTPサーバを3台指定します。
NTPサーバのclientモード 0x8 ・RFC1305に準拠した同期
/syncfromflags manual ・同期のタイプ

manual(手動指定)もしくは
domainhier(ADドメイン指定)
/update - サービスを再起動しなくても、
レジストリ値が反映される
/reliable yes ・権限のある時刻サーバがどうか

手順③:変更を反映させるためにWindows Timeサービスの再起動

net stop w32time
net start w32time
C:\Users\Administrator>net stop w32time
Windows Time サービスを停止中です.
Windows Time サービスは正常に停止されました。


C:\Users\Administrator>net start w32time
Windows Time サービスを開始します.
Windows Time サービスは正常に開始されました。

手順④:NTPサーバへの時刻同期を実行

w32tm /resync
C:\Users\Administrator>w32tm /resync
再同期コマンドをローカル コンピューターに送信しています
コマンドは正しく完了しました。

手順⑤:Windows Timeサービスの状態を確認

時刻同期の状態(ソースのみ)を確認

w32tm /query /source
C:\Users\Administrator>w32tm /query /source
ntp1.jst.mfeed.ad.jp,0x8

時刻同期の状態(詳細)を確認

C:\Users\Administrator>w32tm /query /status
閏インジケーター: 0 (警告なし)
階層: 3 (二次参照 - (S)NTP で同期)
精度: -23 (ティックごとに 119.209ns)
ルート遅延: 0.0584942s
ルート分散: 3.7977439s
参照 ID: 0xD2ADA01B (ソース IP:  210.173.160.27)
最終正常同期時刻: 2021/01/02 9:04:43
ソース: ntp1.jst.mfeed.ad.jp,0x8
ポーリング間隔: 6 (64s)

参照先NTPサーバとの同期状態を確認

w32tm /query /peers
C:\Users\Administrator>w32tm /query /peers
ピア数: 3

ピア: ntp3.jst.mfeed.ad.jp,0x8
状態: アクティブ
残り時間: 40.1575910s
モード: 3 (クライアント)
階層: 2 (二次参照 - (S)NTP で同期)
ピアポーリング間隔: 6 (64s)
ホストポーリング間隔: 6 (64s)

ピア: ntp1.jst.mfeed.ad.jp,0x8
状態: アクティブ
残り時間: 40.1576140s
モード: 3 (クライアント)
階層: 2 (二次参照 - (S)NTP で同期)
ピアポーリング間隔: 6 (64s)
ホストポーリング間隔: 6 (64s)

ピア: ntp2.jst.mfeed.ad.jp,0x8
状態: アクティブ
残り時間: 40.1576345s
モード: 3 (クライアント)
階層: 2 (二次参照 - (S)NTP で同期)
ピアポーリング間隔: 6 (64s)
ホストポーリング間隔: 6 (64s)

まとめ

今回は、Windows Server 2019でNTPサーバーの設定を変更する手順を紹介しました。