そういうのがいいブログ

SIerで働く30代サラリーマンSEがインフラエンジニアに憧れてLinux・クラウド・AWSの勉強をするブログ

Windowser Server 2019でActive Direcory構築(2)DNS設定

Windows Server 2019でActive Directory環境を構築したい。
Windows Server 2019でDNS周りの設定方法を知りたい。
・具体的な手順を教えてほしい。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. Windowser Server 2019でActive Direcory構築する手順(2)DNS設定
  2. DNS前方参照ゾーンのSRVレコードの確認
  3. DNS逆引き参照ゾーンの作成
  4. DNSフォワーダーの設定

この記事を書いている私は、某SIerに勤務しながら、
WEB系エンジニア・インフラエンジニアに憧れて、プログラミングおよびインフラ技術の勉強をしています。

こういった私が、解説していきます。

私が実機で試したコマンドや画像を載せて書いています。
記事の信頼性担保に繋がると思います。

souiunogaii.hatenablog.com

Windowser Server 2019でActive Direcory構築する手順(2)DNS設定

前回の記事

souiunogaii.hatenablog.com

前回の記事で、Windows Server 2019でActive Directoryドメインコントローラーを構築しました。その後にやっておくべきDNSの設定方法を紹介します。

手順①:前方参照ゾーンのSRVレコードの確認

サーバーマネージャー>DNSDNSマネージャー

前方参照ゾーン>ドメイン

前方参照ゾーンの中に、Aレコードの他に、
_sitesとか_tcpとか_udpなどのSRVレコードが自動的に登録されていることを確認します。

手順②:DNS逆引き参照ゾーンの作成

DNSには、正引き(前方参照)と、逆引きがあります。

前方参照ゾーンは自動的に登録されていますが、逆引き参照ゾーンは手動で作成が必要です。

DNSマネージャー>逆引き参照ゾーン>操作>新しいゾーン

新しいゾーンウィザード画面が開く

ゾーンの種類の選択

  • プライマリゾーンを選択
  • Active Directoryにゾーンを格納するにチェック

Active Directoryゾーンレプリケーションスコープの選択

このドメインドメインコントローラー上で実行しているすべてのDNSサーバーを選択

逆引き参照ゾーン名

  • IPv4逆引き参照ゾーンを選択

  • ネットワークID:ネットワークアドレスが「192.168.1.0/24」なのでIPアドレスの第3オクテット目までを入力

動的更新の選択

  • セキュリティで保護された動的更新のみを許可する

完了

逆引き参照ゾーンが設定された

手順③:逆引きの動作テスト

nslookupコマンド

nslookup 192.168.1.201
C:\Users\Administrator.AD-SUN>nslookup 192.168.1.201
サーバー:  UnKnown
Address:  ::1

*** UnKnown が 192.168.1.201 を見つけられません: Non-existent domain

まだ、逆引き参照ゾーンに反映されていないので、「見つけられません」になってしまいます。

ipconfig /registerdnsコマンドの実行

以下コマンドを実行すると、DNSIPアドレスが登録されます。

ipconfig /registerdns
C:\Users\Administrator.AD-SUN>ipconfig /registerdns

Windows IP 構成

このコンピューターのすべてのアダプターに対する DNS リソース レコードの登録を開始しました。すべてのエラーは、イベント ビ ューアーに 15 分以内に報告されます。

逆引き参照ゾーンの中に、ドメインコントローラのIPアドレスの「192.168.1.201」が追加されました。

nslookupコマンド(2回目)

nslookup 192.168.1.201
C:\Users\Administrator.AD-SUN>nslookup 192.168.1.201
サーバー:  UnKnown
Address:  ::1

名前:    AD-SUN.planet.space.com
Address:  192.168.1.201

手順④:DNSフォワーダーの設定

ドメインコントローラのDNSでは自ドメイン内の名前解決をしますが、外部のインターネット側の名前解決のために、外部用のDNSへ転送するように設定しておきます。

DNSマネージャー>プロパティ

フォワーダーのタブを開く

「編集」ボタンをクリック

外部向けのDNSサーバーのIPアドレスを追加