そういうのがいいブログ

SIerで働く30代サラリーマンSEがインフラエンジニアに憧れてLinux・クラウド・AWSの勉強をするブログ

無線ルータ「Aterm WG2600HS」ひかり電話HGW配下ブリッジモードで使用

NEC無線LANルータ「WG2600HS」を、ひかり電話HGWと接続する設定方法を知りたい。
・具体的な手順を教えてほしい。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. NEC無線LANルータ「WG2600HS」の設定方法(ひかり電話HGW配下でブリッジモードで使用)

サトナカ (@souiunogaii)

この記事を書いている私は、某SIerに勤務しながら、
WEB系エンジニア・インフラエンジニアに憧れて、プログラミングおよびインフラ技術の勉強をしています。

こういった私が、解説していきます。

私が実機で試したコマンドや画像を載せて書いています。
記事の信頼性担保に繋がると思います。

NEC無線LANルータ「Aterm WG2600HS」の設定方法(ひかり電話HGW配下でブリッジモードで使用)

  1. 電源をつなぐ前に、モード切替スイッチを「BR」にしてブリッジモードに変更
  2. 工場出荷時の状態に初期化
  3. ひかり電話HGWのLANから、AtermのWANへ有線接続。AtermのLANからPCへ有線接続
  4. AtermDHCPで割り当てられたIPアドレスを探す
  5. Atermのクイック設定WEBページにログイン
  6. Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)
  7. Wi-Fi詳細設定(5GHz)
  8. 管理者パスワードの変更
  9. 基本設定で固定IPアドレスを設定
  10. ファームウェアのバージョンを確認
  11. スマートフォンからWi-Fi接続テスト

前提条件(今回の環境)

今回のネットワーク構成のイメージは以下の図です。

今回使用する無線LANルータ「Aterm WG2600HS」

NECの「Aterm WG2600HS」を選びました。

NEC 無線LANルータ
PA-WG2600HS
Aterm WG2600HS

選んだポイント

  • 日本語のマニュアル、情報がネット上に豊富な国内メーカー製
  • 家庭用ルーターと言えば、NECAterm
  • 予算:1万円以下
  • Wi-Fi 5 (IEEE 802.11ac)対応で十分(Wi-Fi 6対応の機器はまだ選択肢が少なく、価格が高い。そもそもマンションがVDSLなので上限100Mbps)
  • IPv6 (IPoE, IPv4 over IPv6) 対応
  • セキュリティは現在主流のWPA2で十分(WPA3までは不要)

この条件で選んだら、「WG2600HS」になりました。
2019年1月発売の製品で、後継機種の「WG2600HS2」が2020年10月に発売されているので、
1世代古いものになり、Amazonでは取り扱いが終了しているみたいです(2021年3月現在)

なので、楽天Yahoo!ショッピングで在庫品が安く販売されてるショップを探せば、5千円くらいの価格で購入できます。

「WG2600HS2」の方も、楽天Yahoo!ショッピングでは、だいたい7千円程度で販売されているみたいです。

NEC PA-WG2600HS2
Wi-Fiルーター
Aterm WG2600HS2
[ac/n/a/g/b][無線LANルーター]

Aterm WG2600HSの実物

本体のサイズは、縦17cm 横13cm 幅4cm ぐらい。
電源がACアダプタ部分が結構大きいです。

オンラインマニュアル

NECAtermシリーズは、オンラインマニュアルが公開されています。

www.aterm.jp

それでは、私が実際に行った設定方法を紹介していきます。

設定その①:電源をつなぐ前に、モード切替スイッチを「BR」にしてブリッジモードに変更

今回は、ルーター機能はNTTからレンタルしている、ひかり電話HGWを使い、
HGW配下でAtermをブリッジモードで使いたいので、
電源コードをつなぐ前に、モード切替スイッチを「BR」にしておきます。

設定その②:工場出荷時の状態に初期化

マニュアルの手順に従って、工場出荷時の状態に初期化しておきます。

設定その③:ひかり電話HGWのLANから、AtermのWANへ有線接続。AtermのLANからPCへ有線接続

設定その④:AtermDHCPで割り当てられたIPアドレスを探す

初期化した後のAtermをブリッジモードで接続すると、DHCPで自動でIPアドレスが割り当てられます。
このIPアドレスを何とかして探さないと、クイック設定WEBページにアクセスすることができません。

私の自宅では、LAN内のドメインコントローラー兼DHCPサーバーでアドレスを割り当てているので、
サーバーのDHCPマネージャー画面から、MACアドレスを頼りにAtermIPアドレスを特定しました。

設定その⑤:Atermのクイック設定WEBページにログイン

http://IPアドレス

IPアドレスが特定できたら、ブラウザでアクセスするとログイン画面が表示されます。

  • ユーザー名:admin
  • 初期パスワード:本体のラベルに記載の「Web PW」

設定その⑥:Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)

設定その⑦:Wi-Fi詳細設定(5GHz)

SSIDの名前も、デフォルトだと「aterm-xxxx(MACアドレスの後半部分)」になっていて、
Atermであることばバレバレなので、変更しておく方がよいみたいです。

internet.watch.impress.co.jp

設定その⑧:管理者パスワードの変更

管理者ユーザー「admin」のパスワードを変更しておきます。

設定その⑨:基本設定で固定IPアドレスを設定

DHCPだと、クイック設定WebページにアクセスするためにIPアドレスを探すのが面倒なので、
固定IPアドレスに変更します。

http://固定IPアドレス

変更した固定IPアドレスで、クイック設定Webページにログインし直します。

設定その⑩:ファームウェアのバージョンを確認

「WG2600HS」には、ファームウェアの自動更新の機能が無いので、
現在のファームウェアのバージョンが最新であるかを、サポートページで確認しておきます。

www.aterm.jp

設定その⑪:スマートフォンからWi-Fi接続テスト

まとめ

今回は、NEC無線LANルータ「Aterm WG2600HS」を、ひかり電話HGW配下でブリッジモードで使用する場合の設定手順を紹介しました。

後継の「WG2600HS2」と比べてもほぼ同じ機能で、1世代前のため在庫セールで安くなっているのでおすすめです。

NEC 無線LANルータ
PA-WG2600HS
Aterm WG2600HS

NEC PA-WG2600HS2
Wi-Fiルーター
Aterm WG2600HS2
[ac/n/a/g/b][無線LANルーター]