そういうのがいいブログ

SIerで働く30代サラリーマンSEがインフラエンジニアに憧れてLinux・クラウド・AWSの勉強をするブログ

【自作PC】パーツ選び(予算8万)Intel Corei5・GTX1650【2020年12月】

・冬のボーナスが出たら、自作PCを新しく組みたい。
・おススメのパーツを教えてほしい。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. 自作PCのパーツ選び(購入候補リスト)2020年12月・予算8万円
  2. Windows10の有償ライセンスの購入方法

現在使用しているWindowsPCは2014年9月に購入したものなのですが、

6年以上経ち、そろそろ新しいPCを組みたくなってきて、

5月に一度、購入パーツリストを作ったのですが、結局、別に買いたいものがいろいろあり、見送っていました。

souiunogaii.hatenablog.com

また、以前に、AMD RyzenのCPUでのパーツ候補リストの記事も書きました。

souiunogaii.hatenablog.com

今回は、高コスパCPUとして評判の高い、Intel Core i5 10400F を使ったパーツ候補リストを作ってみました。

この記事を書いている私は、某SIerに勤務しながら、
WEB系エンジニア・インフラエンジニアに憧れて、プログラミングおよびインフラ技術の勉強をしています。

こういった私が、解説していきます。

私が実機で試したコマンドや画像を載せて書いています。
記事の信頼性担保に繋がると思います。

自作PCのパーツ選び(購入候補リスト)2020年12月・予算8万円

私のPCの利用用途です。

PCの利用用途

予算

8万円程度。

Windowsライセンスは含まず)

CPU+マザーボードのセット

Intel Core i5 10400F BOX
ASRock B460M Pro4
セット

CPU (Intel)

Intel Core i5 10400F

グラフィックス機能が非搭載、かつTDPが65Wと低いモデルで、
プロセッサー・ナンバーの末尾に付いている「F」の文字が目印の、
2万円弱で買える高コスパCPUの代表です。

  • 6コア/12スレッド
  • ベースクロック2.9GHz、最高クロック4.3GHz
  • キャッシュ容量12MB
  • TDP 65W
第10世代 Intel CPU Comet Lake-S
Corei5-10400F
2.9GHz 6C/12TH BX8070110400F【BOX】

akiba-pc.watch.impress.co.jp

マザーボード (B460)

AsRock B460M Pro4

スタンダードな仕様のB460搭載microATXマザーボードです。

  • 第10世代 Intelプロセッサーに対応 (ソケット 1200)
  • 対応メモリ:DDR4 2933MHz
  • 2 PCIe 3.0 x16, 1 PCIe 3.0 x1, 1 M.2 (Key E) for WiFi
  • 6 SATA3, 1 ウルトラ M.2 (PCIe Gen3 x4 & SATA3), 1 ウルトラ M.2 (PCIe Gen3 x4)
  • 7 USB 3.2 Gen1 (前面に 2 個、背面に 4 個, 1 Rear Type-C)
  • Intelギガビット LAN
ASRock B460M Pro4
Intel 第10世代CPU(LGA1200)対応
B460チップセット搭載
Micro ATXマザーボード

akiba-pc.watch.impress.co.jp

グラフィックカード (GTX1650)

MSI GeForce GTX 1650 D6 VENTUS XS OCV1

オーバークロック仕様のGTX 1650搭載ビデオカード
搭載メモリがGDDR6へと高速化されている。

  • メモリ容量:GDDR6 4GB
  • DisplayPort 1.4、HDMI 2.0b、DVI-D
  • 補助電源は6ピン×1
MSI GeForce GTX 1650
D6 VENTUS XS OCV1
グラフィックスボード VD7375

akiba-pc.watch.impress.co.jp

メモリ

G.Skill F4-2666C19D-16GNT [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]

G.skill DDR4 Value Series
F4-2666C19D-16GNT
(DDR4-2666 8GBx2)

SSD (M.2 NVMe 500GB)

WD Blue SN550 NVMe SSD WDS500G2B0C

  • Western Digital の安価なブルーSN550シリーズ
  • M.2 (PCIe3.0x4 NVMe Type2280)
  • 7千円前後

OSインストール用のCドライブとして、NVMe SSDの500GBを。

Western Digital SSD 500GB
WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe
WDS500G2B0C-EC

akiba-pc.watch.impress.co.jp

電源 (550W)

Corsair CX550M

80PLUS BRONZE認証を取得したCorsair製ATX電源。

  • ATX24ピン電源とATX8ピン補助電源以外のケーブルが取り外し可能なセミプラグイン
  • 奥行きが140mmと短い
  • 内部ファンには自動回転制御に対応した120mmファン
Corsair CX550M
80PLUS BRONZE認定
PC電源ユニット
PS627 CP-9020102-JP

akiba-pc.watch.impress.co.jp

ケース (Micro ATX)

ANTEC P5

静音性を重視した低価格なmicroATXケース。
最近のPCケースでは減ってきている5インチベイを搭載している。

  • 幅195×高さ395×奥行き475mmのミドルタワー型
  • ケース前面のフロントドア
  • 裏面に吸音材を貼り合わせた2層構造のサイドパネル
圧倒的な静音性を実現したMicro ATX対応
コンパクトPCケース
ANTEC P5

akiba-pc.watch.impress.co.jp

まとめ

以上の購入候補パーツをまとめると以下になります。
合計でだいたい8万円程度になりました。

パーツ メーカー/型式 スペック 価格 リンク
CPU Intel Corei5
10400F
6コア/12スレッド
2.9GHz
約1万9千円 Amazon
マザーボード AsRock B460M Pro4 B460 約1万円 Amazon
メモリ G.Skill
F4-2666C19D-16GNT
DDR4 2666
8GB 2枚組
約5千円 Amazon
グラフィックカード MSI
D6 VENTUS XS OCV1
GTX1650 約1万6千円 Amazon
SSD Western Digital
BLUE SN550
M.2 NVMe
500GB
約7千円 Amazon
電源 Corsair
CX550M
550W
80PLUS Bronze
約6千円 Amazon
ケース ANTEC
P5
Micro ATX 約5千円 Amazon

Windows10の有償ライセンスの購入方法

Windows10の有償ライセンスを購入する方法も知りたいです

Windows10の有償ライセンスの購入方法は、大きく以下の3種類があります。

  • Windows10 オンラインコード版
  • Windows10 DSP
  • Windows10 パッケージ版

Windows10 オンラインコード版

オンラインコード版は、プロダクトキーだけを購入する方法です。
他のものに比べて、実物が無い分、価格が安くなっています。
Microsoft公式ストアまたはAmazonで購入できます。

Microsoft 公式ストア > Windows 10 Pro の購入 

Microsoft Windows 10 Pro 日本語版
オンラインコード版

Windows10 DSP

DSP版は、自作PCを作る方向けに、パソコンパーツとのセット販売になっている形式です。

Microsoft Windows10 Pro 64bit 日本語版
DSP版

Windows10 パッケージ版

パッケージ版は、「USBメモリ」で販売されています。
実物なので注文してから届くまでに日数がかかります。
さらに、他のオンラインコード版やDSP版に比べて価格が少し高いです。

【新パッケージ】
Microsoft Windows 10 Pro 日本語版
パッケージ版

参考サイト

www.youtube.com