そういうのがいいブログ

SIerで働く30代サラリーマンSEがインフラエンジニアに憧れてLinux・クラウド・AWSの勉強をするブログ

DELL Optiplex3020のCPU交換・メモリ増設の手順【簡単・写真つき解説】

・中古で買ったDELL OptiplexのCPU交換、メモリ増設したい。
・具体的な手順を教えてほしい。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. DELL Optiplex3020のCPU交換の手順
  2. DELL Optiplex3020のメモリ増設の手順

サトナカ (@souiunogaii)

この記事を書いている私は、某SIerに勤務しながら、
WEB系エンジニア・インフラエンジニアに憧れて、プログラミングおよびインフラ技術の勉強をしています。

こういった私が、解説していきます。

私が実機で試したコマンドや画像を載せて書いています。
記事の信頼性担保に繋がると思います。

DELL Optiplex3020のCPU交換の手順

DELL Optiplex3020を中古で購入した時の記事

souiunogaii.hatenablog.com

ほぼ同型のDELL Optiplex7020を中古で購入してメモリ増設した時の記事

souiunogaii.hatenablog.com

souiunogaii.hatenablog.com

楽天ジャンクワールドで、8千円台で中古のDELL Optiplex3020 SFFCeleron G1840)を購入しました。

《リモートワーク、オンライン学習にオススメ》DELL OPTIPLEX 3020 SFF 単体 Windows10 64bit メモリー4GB HDD500GB デスクトップパソコン【中古】【30日保証】1210604

DELL Optiplex 3020はサイドパネルを開けるときだけドライバーが必要で、それ以外はネジや工具を全く使わずに、簡単に組み立て・分解ができる作りになっています。
今回は、CPU交換とメモリ増設する手順を紹介します。

手順①:サイドパネルを開ける

背面の二つのネジをドライバーで緩めると、サイドパネルを外せます。

手順②:CPUファンを外す

まず、CPUファンの外側のプラスチックの黒いカバーを外します。

矢印の部分を外側に広げるようにすると、簡単に外れます。

次に、CPUファンの四隅のネジをドライバーで緩めると、CPUファンが外れます。

手順③:CPUを交換する

CPUのカバーを、レバーを外して開けて、CPUを交換します。

今回、私は、もともとのCeleron G1840から、Core i7 4790に交換しました。

DELL Optiplex3020のメモリ増設の手順

サイドパネルを開けるところまでは、前の手順①と同じです。

手順④:DVDドライブを外す

メモリスロットは、隠れているので、まず、DVDドライブを外します。

写真のように手で簡単に外せます。

DVDドライブには、電源ケーブルSATAケーブルが付いているので、それも外します。

手順④:HDDを外す

HDDのケースは、図の部分を横にスライドさせると、穴の位置がずれてロックが外れます。

ロックが外れると、HDDケースはそのまま手で外せます。

HDDにも、電源ケーブルSATAケーブルが繋がっているので、一緒にケーブルも外します。

手順⑤:メモリを増設する

メモリスロットは2個あるので、もともとの4GB 1枚を外して、
手持ちの8GB×2枚、に交換しました。

手順⑥:組み立て直す

あとは、逆の手順で組み立て直せばOKです。

手順⑦:電源オン

パーツ交換して初回の電源オン時は、以下のようなメッセージが表示されます。

「F1」キーを押すと、その後に、DELLロゴが表示されて、Windows10が起動します。

手順⑧:やったぜ!